お問合せ・資料請求

お問合せ・
資料請求

0930-22-1507

☎ いつでもOK

365日24時間

供花・供物のご注文

京都郡・行橋市の家族葬について

2021.02.03

家族葬に関するお問い合わせをいただく中で、今回は『家族葬の規模』をテーマにお話しさせていただきます。

家族葬の定義

一般的に家族葬は、遺族や親族、故人とごく親しい間柄の方がご参列するご葬儀と言われています。人数に決まりはなく、その規模が10名前後の場合もあれば、30名以上になることもあります。

家族の会社関係の方やご近所の方など、多くの方のお参りをいただいていたお葬儀とは違い、参列者への挨拶や、気遣いなどの面で喪主や近しいお身内の方の精神的・肉体的な疲労感が少し軽減できるという良い面があります。
その反面、生前にご近所付き合いやご友人とのお付き合いをしっかりとなさっていた方が、家族葬をなさった場合、お葬儀後にご自宅にお参りに来てくださることが度々あることでその対応に追われるというケースもあります。
お葬儀はその方にあった最良の規模を選択して行えると良いですね。

昨今では感染症の影響で、家族葬の人数も2019年2月以前と比較するとより小規模になって参りました。
以前は京都郡・行橋市では、家族葬と言っても遺族・親族の方だけではなく、ご近所の方もご参列されるケースが多かったのですが、大人数で集まることができなくなった現在では遠方のご親族の方がご参列を遠慮なさることもあり、近しい方のみでの通夜・葬儀という傾向にあります。

家族葬で大切なこと

弊社の会館、家族想 結(かぞくそう ゆい)のように家族葬を専門で行う会館はもちろん、行橋斎場、想 苅田フューネラルホールのように外観が大きな建物の斎場も小規模なご葬儀を行えるお部屋を完備しているので、小規模なお葬式や、家族だけのお葬式も承っております。2名~3名の方で送られる家族葬もあるように、小規模であっても大人数であっても、大切なことは『送る気持ち』です。

家族葬について分からない事や、迷っていることがある方は、お気兼ねなく弊社へお問合せください。
代表 0930-22-1507

関連記事

やすらぎ苑外観

行橋市の火葬場「行橋やすらぎ苑」について